強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

バックハンドの基本

シェークハンドとペンのバックハンドの違い

フォアハンドはシェークもペンもあまり変わりませんが、バックハンドに関しては全く違うので気をつけましょう。但し、中国式のペンホルダーはシェークハンドと同じで問題ないと思います。

シェークハンドのバックハンド

基本的にはフォアハンド同様に「ボールが身体の正面に来たときに打てているか」が大切で、 肘の角度が90度~110度ぐらいでボールを打つことで威力のあるボールが打てます。

よく見かけるのが前にスイングしている人は注意してください。バックハンドは斜め横にスイングするイメージで打って見ましょう!練習方法はフォアハンドと一緒で、なれてきたら人を相手にラリーをすると効果的です。

    バックハンドの練習方法
  1. ボールをバウンドさせて打つ
  2. 多球練習で1球1球確認しながら打つ
  3. 人を相手にラリーをする

ペンホルダーのバックハンド

ペンホルダーのバックハンドはプッシュと呼ばれる打ち方です。強いボールを打つ打ち方もありますが、最初はプッシュをマスターしてみましょう。

ペンのバックハンドは、ボールの少し内側に当てるように打ちます。打つというよりは、少し横に押し出す感じですね。 ここでも肘が伸びきらないように、90度~110度ぐらいでインパクトをするということに気をつけてください

    バックハンドの練習方法
  1. ボールをバウンドさせて打つ
  2. 多球練習で1球1球確認しながら打つ
  3. 人を相手にラリーをする

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~