強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

回転の特性を知る練習

卓球は本当に奥が深いスポーツです。その奥深さを象徴しているのが回転です。 ボールの回転は大きく分けて上回転、下回転、左・右横回転、左上・左下横回転、右上・右下横回転、無回転(ナックル)と9種類に分類されます

通常、相手の打ったボールを返球するときには、相手の回転量を上回る回転量をかけなければなりません。 しかし、ある方法を知れば回転量を無視して返球することができます。

それが、ラケットの角度なのです。そこでラケットの角度をどうすればいいかを練習を通して学びます。

ラケットの削り方

①体の目の前にラケットを水平にします
②水平にしたラケットにボールをのせます
③あとは上に向かってリフティングさせるだけです

最初はフォア面だけで行い、次はバック、交互と繰り返します。

次に慣れてきたらボールに回転をかけながらリフティングをします。
コツは一定の回転量を保つということです。難しいですが10回を目指して下さい。

地味な練習に思われがちですが、色々と工夫をして取り組んでみてください。 例えば、ボールを高く上げてバウンドさせないようにラケットにボールを乗せてみたりしてみましょう。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~