強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

サーブの練習方法

サーブの種類

  1. 下回転サーブ
  2. 無回転(ナックル)サーブ
  3. 横回転サーブ
  4. 逆横回転サーブ

サーブの種類にもいろいろありますが、上記以外にも上横回転、下横回転、スピードサーブなど様々です。基本は下回転とナックルサーブだけはマスターしましょう。

下回転サーブの基本

基本中の基本のサーブです。ボールに下回転をかけるサーブです。下回転をかけるコツは、ボールの18時の位置を手首を使ってスイングすることです。
ボールはラケットの先端付近より少し下に当てて、手首の力だけでボールを飛ばすイメージでおこないます。

無回転サーブの基本

無回転(ナックル)サーブは、文字通りボールに回転をかけないでサーブをする方法です。いかに相手にバレないようにサーブをするかにつきるでしょう。
下回転サーブと同じスイングで、ボールをラケットの端っこに当てるのがコツです。端っこに当てることで、必然的にボールとラバーの触れる場所が少ないので回転がかかりません。

    サーブの練習方法
  1. ボールをカゴに30球ほどいれサーブをする
  2. 卓球台に目印をつけて狙って練習する

※気をつけることは狙った場所にサーブをしたいからといって、回転量を調整してはいけません。回転量は同じで狙った位置にサーブを打てるようにします。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~