強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

素振りをする前に・・・

素振りの前に基本的なスタンスからお話します。まずは、肩幅より少し広いくらいに足を広げてください。
次に、両膝を曲げます。理想は卓球台のネットと目線が一緒になるぐらいです。どのスポーツにも共通することですが、膝を曲げる事はスポーツの基本です。

最後に前かがみになるように前傾姿勢をとってください。注意することは両足を地面にベッタリとくっつけないことです。(少しカカトを上げるイメージ)
なぜかと言うと卓球はフットワークが勝負のスポーツです。すぐに動けるように構えることが基本です。

卓球の素振りの効果

素振りは非常に大切な練習です。ですが、多くの人が素振りのための素振りになっています。

    素振りの効果と意味
  1. フォームを固めるためのイメージトレーニング
  2. 試合で勝つためのイメージトレーニング

素振りはイメージトレーニングを兼ねて練習するものです。ただ、素振りするだけでは全く身につかないので注意して下さい。
ただ、ボールをまともに打てないうちは、動画などで強い選手のプレーをみて、素振りをするといいです。便利な世の中になりましたね。

素振りの練習方法(右利き:フォアハンド)

  1. 足のスタンスを肩幅に開いたら、ラケットを持って構えます
  2. ラケットを引いて(体ごと引く)、体を開く(自然と腰も回る)
  3. ボールが返ってきた事をイメージして下さい
  4. 体重が左足に乗るように腰を回してラケットを振りぬく!
  5. 振りぬいたら、元の位置にスタンスを戻す

最初はこれでフォームを固めて、ある程度ボールを打てるようになったら、試合を想定して素振りをおこないます。
良いプレーをしたイメージでリラックスした状態でおこないましょう。
回数など数える意味は全くありません。

ストップウォッチで時間を設定して、おこないましょう。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~