強くなる卓球の練習方法 - 体重 移動
トップ

ボールに力を伝える「体重移動」が出来ない理由

「手打ちは辞めなさい!」
「もっと腰をいれて打ちなさい!」

これらのアドバイスを受ける卓球初心者の方は多いです。
中級者であっても「体重移動」ができない人も私の経験上、非常に多いのが現状です。

裏を返せば”体重移動ができたら上級者へ近づく”ということでもあります。
あなたは信じられないかもしれませんが、手元でグッとくるボールを打てるだけで県大会の上位に勝ち上がれます。

手元で伸びるボールは処理が難しく、伸びのあるボールを受けた経験がない選手が殆どです。
そのため貴方の打ったドライブを相手は返すことができず、ドライブを打てば点が決まるということが非常に多くなります。

卓球の体重移動をマスターするとこうなる。

では、具体的に卓球における体重移動ができるようになるとどうなるか?を私なりにまとめてみました。

  1. ボールに体重がのるため、回転量とスピードが増す
  2. 肩・腕に余計な力が入らず自然体でボールを打てるため安定度が増す
  3. 体全体を使うためコンパクトなスイングでも威力がある

体重移動ができるだけで、ドライブが驚くほどに回転量もスピードも増えます。
ですが、私が思う最大のメリットはこのようなことではありません。

最大のメリットは力を抜いて自然体で打てるということです。
よく腕に力が入ってドライブを打つ方を見ますが、こういった人に「力を抜いて打ちなさい!」といっても意識が腕にいくんですね。

しかし、重要なことは下半身の体重移動であり、あなたがいくら力を抜こうと意識しても力は抜けません。
指導者がいくら「リラックスして、体の力を抜いて打ちなさい!」といっても一向に改善できない理由がここにあります。

なぜなら卓球は腕で打つスポーツではないからです。
確かにラケットは手で握り腕で打ちますが、本当に重要なことは下半身なんです。

体重移動ができない理由は「股関節」にある

同じようにスイングをしても何故か力が伝わらない。
こういった悩みを持つ多くの人は股関節の可動域が狭いことが大半です。

可動域とは、股関節や肩の動く範囲のことをいいます。
体重移動をしているつもりでも、股関節の可動域が狭すぎて体重移動ができてないわけです。

ここで一つ厄介なことがあります。
股関節の柔らかさは、いくら卓球の練習を重ねても通常のトレーニングでは鍛えることが出来ないということです。

ですから、股関節を柔らかくするためのトレーニングが必要になります。
具体的には「胴体トレーニング」という方法で鍛えることをおすすめします。

胴体トレーニングとは、武道家の故・伊藤昇氏が開発したトレーニング方法で、多くのトップアスリートが学んでいました。

その方法については、14年間に渡って伊藤昇氏から胴体トレーニングを師事された棗田先生のサイトをご覧ください。
胴体トレーニングの詳細はコチラをクリック

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~