強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

ツッツキの練習方法

強打をされないツッツキ

ツッツキは相手に強打されないようにしなければなりません。強打されないツッツキには2種類あり、一つは回転量のあるツッツキ、もう一つは意表をつくツッツキです。

まずは、回転量のあるツッツキについてコツを説明します。

フォアハンドのツッツキ

ツッツキもドライブやブロックと同じく”打つ位置”が大切です。フォアハンドの場合は、身体の斜め前に打点を持ってくるようにツッツキをします。

身体の横や真正面だとネットミスの原因になるので気をつけましょう。そして、右足を前にだして力が伝わるようにします。

バックハンドのツッツキ

バックハンドは身体の真正面でツッツキをするようにしましょう。それが一番、力が伝わりやすい位置になります。

フォアハンドもバックハンドも、ボールの位置に身体を移動させてからスイングしましょう。(右足をボールが打ちやすい位置に移動させます。)

意表をつくツッツキ

意表をつくツッツキは、簡単に言えばフェイントのことです。バック側へツッツキするとみせかけて、フォア側へツッツキをおこなったり、フォア側へツッツキするとみせかけてバック側へツッツキをするなど フェイントをいれるだけで強打されないツッツキができます。コツはスイングは同じで手首を内側・外側へ曲げることです。

    ツッツキの練習方法
  1. ツッツキ対ツッツキをおこなう
  2. 多球練習でカット性のボールをうってもらう

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~