強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

3球目攻撃の練習方法

卓球においてサーブをする方は圧倒的に有利です。
それは、3球目というのは先に攻撃を仕掛けることが出来るからです。

3球目攻撃を成功させるためには、予測の精度を上げることです。
回転量・高さ・コースを予測して攻撃をするための準備をおこないます。

この予測の精度を上げるために、自分のだしたサーブの回転・コースに注意します。

  1. 下回転サーブは相手に打たれる可能性は低い
  2. 短い下回転系サーブはストップされる可能性がある
  3. 下回転系サーブは強打される可能性は低い
  4. 右横回転(時計回り)はバックへ返球される可能性が高い etc...

どのサーブにもメリットとデメリットがあります。
下回転系なら打たれる可能性は低いですが、チャンスボールになる可能性も低いです。

上回転系なら打たれる可能性もありますが、チャンスボールになる可能性もあります。

大切なことは、サーブ後は相手のレシーブのラケットの向き・スイング・ボールの当たる位置を確認することです。
ある程度の予測しつつも「一瞬で判断」して3球目攻撃を仕掛けます

3球目では、それらの判断をおこなうために練習をおこないましょう。

練習メニュー一覧

コースを決めて打つ練習では、どうやって素早く移動しドライブを打つかを覚えます。
フリーでおこなう3球目では、レシーブのコースを判断する能力を鍛えます。

3球目攻撃

返球するコースを予め決めておいて3球目攻撃をおこなう練習です。

オレンジの位置へレシーブをしてもらい3球目攻撃を仕掛けます。3球目攻撃の後はフリーです。

    練習上の注意点
  1. レシーブの回転・高さを予測する
  2. ボール・打てないの判断力をする
  3. 相手の動きで打つコースを決める
  4. 動きの早さを追求する

コースを決めて打つ練習では、
素早く移動してドライブを打つかを覚えます。

3球目攻撃

返球するコースを決めずにおこなう試合に近い形の3球目攻撃の練習です。

レシーブ側は、ツッツキだけとパターンを決めておこないます。
より実践に近い練習をしたい場合は、ストップやフェイントを織り交ぜても良いです。

但し、レシーブミスばかりしていると、相手の練習にならないので、出来る範囲のレシーブをして下さい。

    練習上の注意点
  1. サーブの種類によりレシーブを予測する
  2. 予測が外れた原因を考える
  3. レシーブ側の動きをみてから攻撃をする
  4. サーブ後の立ち位置を工夫する

3球目攻撃を確実にするためには、打てるボールだけを打つことです。
何でもやみくもに打っていてはミスをして自滅してしまいます。

そのために、サーブの質とレシーブ側の選手のラケットの動きをみるようにしましょう。
また、サーブ後の立つ位置にも注意してください。

3球目攻撃

回り込みが得意なら「2」に近い位置、飛びつきが得意なら「1」に近い位置に立つなど得意な攻撃によって立つ位置を工夫します。

バックハンドがフォアハンドよりも得意なら「2」の位置に立っても良いと思います。
(あくまでフォアよりも”得意”ならです。)

私の知っているペン(インハイベスト16)の選手は台の端っこでした。(図の「1」よりもバック側)
3球目が得意な方でしたが、常にフォアハンドで攻めようとしていたからです。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~