強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

カットマンのフットワーク練習の方法

あなたがカットマンならフットワーク力は絶対に欠かせません。
フットワーク力こそがカットマンの生命線ともいえます。

攻撃型との最も大きな違いが前後のフットワークになります。
前後のフットワークを鍛えるためには、ダッシュ力の強化が欠かせません。

カットマンのフットワーク練習では、攻撃型に必要な左右だけでなく前後のフットワークの練習方法も紹介します。

練習メニュー一覧

基本のフットワークに加えて、より高度な強打処理のフットワークも紹介しています。
まずは基本を学び、色々と組み合わせて練習をしてみてください。

左右のツッツキ

ツッツキを交互におこなうフットワーク練習です。

  1. フォアハンドのツッツキ
  2. バックハンドのツッツキ

繰り返しておこないます。慣れてきたら、ランダムでおこないます。
ツッツキ後に基本姿勢に戻る癖を身に付けるようにしてください。

    練習上の注意点
  1. ツッツキの後は基本姿勢・位置に戻る
  2. 右足を移動させてツッツキをする
  3. 出来るだけ卓球台の奥に返球する
左右のカット

フォアカットとバックカットを交互におこなうフットワーク練習です。

  1. フォアカット
  2. バックカット

繰り返しで行います。
返球するコースはバック・フォアのどちらでも構いませんが、1コース限定で行なってください。

    練習上の注意点
  1. カットの後は必ず基本姿勢・位置に戻る
  2. 1球ごとにボールの位置へ移動する
  3. 最もカットが切れる打点でカットをする
前後のカット

フォアカットとフォアのツッツキを交互におこなうフットワーク練習です。

  1. フォアカット
  2. フォアのツッツキ

繰り返しておこないます。
大切なことは、1つの動作をしたら基本の姿勢・位置に戻ることです。

    練習上の注意点
  1. 1つの動作後は基本姿勢・位置に戻る
  2. 体が上下しないようにする
  3. 相手のスイングをみて距離を予測する
前後のカット

バックカットとバックのツッツキを交互におこなうフットワーク練習です。基本的にフォア側と同じ点に注意しておこないます。

  1. バックカット
  2. バックのツッツキ
    練習上の注意点
  1. 1つの動作後は基本姿勢・位置に戻る
  2. 体が上下しないようにする
  3. 相手のスイングをみて距離を予測する
フットワーク

先ほどのストレートの前後の動きに対して、クロスに動くフットワーク練習です。

  1. フォアカット
  2. バックのツッツキ

繰り返しておこないます。
ストレートよりも距離が伸びる分、動作後の戻りと素早い動きが必要になります。

    練習上の注意点
  1. 1つの動作後は基本姿勢・位置に戻る
  2. 体が上下しないようにする
  3. 相手のスイングをみて距離を予測する
フットワーク

バックカットのクロスに動く練習です。基本的にフォア側と同じ考えで練習しましょう。

  1. バックカット
  2. フォアのツッツキ
    練習上の注意点
  1. 1つの動作後は基本姿勢・位置に戻る
  2. 体が上下しないようにする
  3. 相手のスイングをみて距離を予測する
フットワーク

カットマンのフットワーク練習の中でも高度な練習になる前後左右の動きを鍛えるフットワーク練習です。

  1. フォアカット
  2. バックのツッツキ
  3. バックカット
  4. フォアのツッツキ

繰り返しておこないます。

    練習上の注意点
  1. 1つの動作後は基本姿勢・位置に戻る
  2. 体が上下しないようにする
  3. 相手のスイングをみて距離を予測する
  4. 下半身の強化を欠かさない
フットワーク

スマッシュを処理した後のダッシュ力を鍛えるフットワーク練習です。

  1. フォアカット
  2. ロビング
  3. バックカット
  4. ロビング

繰り返しておこないます。8の字よりも更に動く範囲が広くなり、特に前後へのダッシュ力が鍛えられる練習です。

    練習上の注意点
  1. 1つの動作後は基本姿勢・位置に戻る
  2. 体が上下しないようにする
  3. 相手のスイングをみて距離を予測する
  4. 前へダッシュする瞬発力を意識する
  5. カットをするときに焦らない
  1. 可能な限りカットの回転量は一定にする
  2. 必ずボールの位置まで足を移動しておこなう
  3. 手打ちにならないようにする
  4. 狙ったコースにカット、ツッツキをおこなう
  5. 体を上下させないようにする

フットワークの練習ですので、まずは足を動かすことに集中して徐々に回転量・コースを意識しておこなうようにしてください。

特に注意したいのが体を上下させないようにすることです。
体を上下させるとカットの打点が乱れてしまい、安定性がなくなります。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~