強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

攻撃型のフットワーク練習の方法

卓球においてフットワークは非常に重要なスキルです。
フットワーク力がなければ試合で勝つことは難しくなります。

フットワーク力を強化することで、これまで届かなかったボールに届くようになるだけでなく、常に良い体勢でボールを打つことが出来るようになります。

フットワークは毎日の練習で必ず取り入れなければならない練習メニューの一つです。
私の知る限り強豪校でフットワーク練習をしない学校はありません。

練習メニュー一覧

ここでは基本のフットワーク練習に加えて実践に近いフットワーク練習も説明しています。
まずは基本を実践し、その中で色々と組み合わせて練習を行なってみましょう。

フットワーク

この練習では「基本の足の動き」を覚えるために役立ちます。
「1~2」を動きながらフォアハンドで打ちます。
必ず取り入れたいフットワーク練習のひとつです。

推奨時間:20分間

    練習上の注意点
  1. ブロックのしやすい回転量で打つ
  2. つま先で動いて打つ
  3. 必ずボールの位置まで動く
フットワーク

このフットワーク練習では回り込みと飛びつきを想定したフットワーク練習です。細かい足の動きを体に覚えさせてください。

  1. フォアハンド(2回目以降は飛びつき)
  2. バックハンド
  3. 回り込みのフォアハンド

1~3を繰り返しておこないます。
推奨時間:20分間

    練習上の注意点
  1. ブロックのしやすい回転量で打つ
  2. つま先で早い動きを心がける

卓球台の半コートを使ったオールのフォアハンドのフットワーク練習です。
バックハンドがフォアよりも得意の選手もいるので、バックハンドでも練習をします。

半コートは、フォア側・バック側の両方で行い、フットワーク練習をする人は返球する場所は、クロス・ストレートのどちらでもかまいません。

半コートのため上半身だけでボールを打つ事も出来ますが、
可能な限り足を動かして強いボールを打てる体勢でドライブを打ちます。

体の近くに返球されたボールで間に合わない場合は、
上半身を反らして打つようにして下さい。

    練習上の注意点
  1. 細かい足の動きをマスターする
  2. 可能な限り足を動かして強いボールを打てる体勢にする
  3. 間に合わない場合は、上半身を反らす打ち方も身に付ける
フットワーク

バックハンドの台上処理からフットワーク練習を行います。実践(試合)に近い練習です。

  1. ツッツキ or フリック
  2. フォアハンド(回り込み)
  3. フォアハンド(飛びつき)
  4. バックハンド

その後は、②~④を繰り返しておこないます。ミスをしたら①から始めます。

    練習上の注意点
  1. ブロックのしやすい回転量で打つ
  2. 台上処理後の戻りに注意する
フットワーク

フォアハンドの台上処理からのフットワーク練習です。

  1. ツッツキ or フリック
  2. バックハンド
  3. フォアハンド(回り込み)
  4. フォアハンド(飛びつき)

4の飛びつきで試合を決めるつもりで力強いボールを打ち込んでください。
ドライブを打つ場所は全て開いてのバックハンドでおこないましょう。

    練習上の注意点
  1. 全力でボールを打って下さい。
  2. 台上処理後の戻りを意識してください
フットワーク

1つ前の練習との違いはフォアハンドからのフォアハンドという点です。

  1. ツッツキ or フリック
  2. フォアハンド
  3. バックハンド
  4. フォアハンド(回り込み)

フォアハンドからのバックハンドは流れの中で出来ますが、フォア→フォアですとより早い戻りが大切になります。
4の回り込みで得点を奪うつもりで全力で打ってみましょう。

    練習上の注意点
  1. 全力でボールを打って下さい。
  2. 台上処理後の戻りを意識してください
  1. 相手が苦しいけれども打てるところに返球する
  2. 相手のリズムに合わせてブロックをする
  3. 狙ったコースにブロックできるようにする

ブロックする側も練習だということを忘れないようにしましょう。
微妙な力加減が必要になり、ブロックのコツがつかめるようになります。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~