強くなりたいなら
中国卓球を学べ!

中国式現代卓球

中国式現代卓球講座

 
■自己紹介

卓球人
強くなる卓球の練習方法というサイトを運営している卓球人こと「ひでのり」と申します。
僕は学生時代に全国大会に中学〜高校で3度出場していますが、運動神経が良い訳ではありません。
50m7秒台中盤、握力は40kg、学校のマラソンは真ん中らへん・・そんな僕でも全国大会に出場できたには理由があります。

プロフィールはこちら

 

攻撃型が勝つために必要な要素

シェーク、ペンにかぎらず攻撃型の選手が勝つために必要な要素。
それは、先に攻撃を仕掛けることです。

確かにレベルの低いところでは攻撃型でも守り主体で勝てるでしょう。

しかし、戦う選手のレベルが上がるにつれて通用しなくなります。

 

なぜ通用しなくなるのか?
それは人間の動体視力、反応には限界があるからです。

世界のトップ選手ばかりでなく日本のトップレベルにおいても、カットマンを除き守り主体で強い選手は存在しません。

カットマンにおいても現代では攻撃力が求められる時代ですから、
勝つためには攻撃力が必要という事は改めて言う必要もないでしょう。

 

では、どうすれば先に攻撃を仕掛ける事ができるのか?

そのヒントは世界をリードする中国卓球にあります。
卓球経験者なら中国選手の強さは言うまでもありませんね。

 

世界をリードする中国選手ですが、守りをメインに戦う選手はいるでしょうか?

残念ながら、僕は一人も知りません。

馬琳にしろ、馬龍にしろ、常に先手で攻撃を仕掛けます。

 

なぜ先手で攻撃をしかけられるか?

その答えは、たった3つの事から実現可能となります。

3つの秘密とは、

前陣・中陣での戦い
速いスピード
強い回転

です。

 

しかも、この技術は先に攻撃するだけでなく、中国選手の強さそのものです。

重要なことは、この3つの技術は、中国が国家を上げて研究をしてきた
科学的、統計的根拠に基づいた勝つための技術だという事です。

 

かつて卓球王国といわれた日本

今の若い日本の方はご存知ないかもしれません。

実は日本は今から50年以上前に、荻村伊智朗さんや田中利明さんなど金メダリストが数多くいました。

例えば、荻村伊智朗さんは世界選手権だけでも10個以上の金メダルを獲得しています。かつての日本は、今の中国のように絶対的な存在だったのです。

 
なぜ、これほどまでに日本卓球は衰退したのか?

実は日本の卓球が衰退したのではなく、中国のレベルが上がったのです。

日本に勝てない中国は、国家をあげて卓球の研究を積み重ねました。
そして、科学的に導かれたのが「前陣・中陣での戦い。速いスピード。強い回転。」の技術だったのです。

 

日本の練習、中国の練習

生まれつきの身体能力でいえば違いのない中国人と日本人ですが、
なぜ日本選手は中国の選手に歯がたたないのか?

それは、日本と中国の練習方法の違いにあります。

日本が根性論、精神論で練習をしてきた中で、
中国は科学的根拠に基づき練習をしてきたのです。

 

日本でおこなう練習は、フォームチェック、素振り、長時間のラリーです。
しかし、中国ではこれらの練習はほとんどおこないません。

どの練習も統計的・科学的に導かれた強くなるための練習なのです。

今よりも強くなりたいなら中国の練習方法を取り入れる事が、
勝てる選手になるための最短ルートということです。

 

先に攻撃を仕掛け、勝てる選手になるためには、
「前陣・中陣での戦い。速いスピード。強い回転。」を身につける必要があります。

 
前陣・中陣での戦い、速いスピード、強い回転を身に付けるために、どんな練習をすれば良いでしょうか?

答えは簡単です。中国人の練習をおこなえば良いのです。

但し、中国のトップレベルがおこなう練習でなければ意味がありません。

そこで、今回紹介するのが中国卓球を知る中国人による卓球講座です。
その中国人とは、15歳から中国ナショナルチームに所属してきた毛大宝さん。

 

毛大宝さんは、全国チャンピオンであり、史上最年少で全日本に出場した
平野美宇ちゃんを指導していることでも有名な中国人コーチです。

国体の指導以来を受け来日し、強豪校の武蔵野高校や淑徳大学、その他10人以上のチャンピオンを指導した経歴をもつ日本でも指折りの指導者です。

武蔵野高校や淑徳大学の強さは言うまでもありませんが、全国トップの強豪校で日本代表選手など数多くのトッププレイヤーを輩出しています。

その毛大宝さんの卓球講座では、「前陣・中陣での戦い。速いスピード。強い回転。」を磨くためのの技術が公開されています。

おそらく日本のどこへいっても知る事が出来ない、3つの技術を磨くための具体的な練習方法が解説されています。

 

講座の内容は、

基礎編(試合以前に必要な卓球の基礎技術)
戦術編(試合でポイント取るための戦術)
3つの大事なこと
多球練習について

となっています。

 

基礎編では、打ち方(スピードドライブ、バックハンドドライブ、カウンタードライブなど)に加えて、足の運び(切り返し、8の字、3分の2など)など、中国式卓球の基本動作を9つのレッスンに分けて解説しています。

戦術編では、基礎編の技術を使い試合で得点を奪う方法(3球目、4球目、ドライブのコンビネーションなど)が5つのレッスンを通して学べます。

これまでの卓球技術のDVDとは違い、中国のプロ卓球学校で行われている系統的練習方法を、日本人向けにアレンジを加えられています。
そのため、あなたは段階式にステップアップできます。

 

中国式の卓球技術をみにつけることで、

ドライブによる台上の攻防に強くなる
攻撃的な試合展開ができる
3・4球目攻撃がうまくなる
ラリーの攻防に強くなる

など、いわば現代卓球の戦い方を身につける事を可能とします。

 

小さいスイングで力強い打球が出来たら?

スピードのある切り返しが出来たら?

台上でワンタッチで得点を取れたら?

中国選手のように両ハンドでドライブが打てたら?

間違いなく今よりも上のランクへいけるでしょう。
それは、今までとは違った光景で卓球が出来ることを意味します。

あなたが理想とするプレーが実現することを祈って終わりにしたいと思います。

 
<注意事項>

本講座はパソコン上でダウンロードするファイルとなっております。 そのためパソコンを所持していないかたは閲覧することができませんので、ご注意下さい。

私から購入していただいた方には、
特別にプレゼントをお付けいたします

私から購入して頂いた方には、限定で特別に練習方法をまとめたPDFファイルをお渡ししています。

強豪校の練習マニュアル

練習 僕の母校(全国大会常連校)で実際に行なっていた練習方法の解説マニュアルです。
各練習ごと(基礎、フットワーク、課題、多球など)の説明があるので、かなり参考になります。
※詳細を知りたい方は、コチラをクリック
(別ウィンドウで開きます)

 

心を鍛えるマニュアル集

心 卓球に限らずスポーツで強くなるには心技体が不可欠です。 この特典で心技体の”心”を身に付けて下さい。
・モチベーションを保って成功するには?
・夢を見つけて現実にする方法
・潜在能力を引き出す自己啓発アドバイス

 

体を鍛えるマニュアル集

体 技術だけでなく体力、理想の体を作ることも大切です。
こちらの特典では主に資本となる体作りについて学んで下さい。
・たのしく「走る」を身につけよう!
・完璧な腹筋を手に入れて美しくなる方法
・理想的な体を手に入れるダイエット

 

多球練習の極意

メールサポート 中国の練習方法の特徴が、多球練習に多くの時間をかけることです。
私も高校では多球練習を数多くおこない、またコーチとしても指導してきました。
そこで、私の経験から多球練習のコツと多球練習の行い方をレポートにまとめてお渡しします。

 

あの時に購入しておけば・・・

私は高校2年生のときに一時期、壁にぶつかった事がありました。

どうすれば強くなれるのか?どうすればライバルに勝てるのか?分からなくなったのです。

それは、迷路の中に迷い込んだ状態でした。
いくら練習をしても「本当にこの練習で強くなれるのか?」という恐怖に襲われながら毎日を過ごしました。

その時にこの講座を知っていればと切実に思います。もしもを言い出すとキリがありませんが、講座の内容をみてしまうと、どうしてもそう思ってしまうのです。

毛大宝さんが「上達の決め手は、正しい方法を知っているか、知らないか」といっています。

まさにこの通りだと思うんですね。間違った方法で努力をしても上達することはありません。

この講座は、その正しい方法を教えてくれる強力な味方となってくれるでしょう。

よくある質問について

この講座で本当に強くなれるのでしょうか?
講座で説明のある技術を繰り返しみて、練習をおこなえばレベルアップ出来ます。
実績からも分かる通り多くの方が毛大宝さんの教えで強くなっています。
初心者でも大丈夫ですか?
個人的には卓球を始めたばかりの初心者にはおすすめしません。
基本のラリーさえも続けられないレベルの場合、難しくて「自分には出来ない」と思う危険性があるからです。
そういった方には初心者向けの「遊澤亮さんのDVD」をおすすめしています。そこで基礎を身につけてからでも遅くはありません。
もしも分からない所があったら?
分からない部分は、まずは繰り返し動画をみてください。
その上で練習を重ねて、それでも分からない場合は、私へ質問頂ければ答えられる範囲でお答えいたします。
卓球メーカーから発売されているDVDと違うのですか?
他のDVDは、日本人が作成した日本向けの技術だとすると、毛大宝さんの動画講座は、中国でプロ選手を育成する学校で行われている「系統的練習方法」です。
世界をリードする中国卓球の練習方法を解説した動画は他にはありませんので希少性は非常に高いといえます。
メールフォーム

この商品が自分に必要かどうか分からない…
どうしても不安な点がある…
商品に関してもう少し突っ込んで訊きたい…
そんな時はお気軽にメールをください。
個別にアドバイスさせていただきます。
メールフォーム

 

詳細はこちらから

特典の請求方法について

商品購入後、「インフォトップ購入者用マイページ」⇒「注文履歴」画面下部の特典一覧から、特典請求の方法を説明した文書をダウンロードできます。
そちらを元に特典請求して頂けますよう、宜しくお願いします。

また、購入前に必ず決済画面で以下の表示が出ていることをお確かめ下さい。

紹介者特典

※表示できない方へのお願い
●IE8の場合
ツールメニューから「インターネットオプション」→「プライバシー」→「自動Cookie処理を上書きする」と 「常にセッション Cookie を許可する」の両方をチェック→「OK」をクリックしてIEを再起動

※その他のブラウザをご利用中の方やどうしても分からない場合は、コチラのフォームよりご連絡下さい。

※購入後に特典請求が分からなくなった場合は、以下を参考にしてください。
http://takkyuu.info/yuzawa/seikyuu.html