強くなる卓球の練習方法 - 動画 馬龍(マロン)
トップ

馬龍VS張継科(オーストラリアオープン)

中国人同士らしい激しい打ち合いになる動画です。

馬龍はノータッチでの得点率が高いです。
サイドを切るエグいドライブやコースへの打ち分けが本当に上手いです。

二人をみていると特徴的なのがレシーブの方法です。
馬龍はほとんどフォアで返球するのに対して、張継科が常にバックハンドで返します。

その特徴はプレーにも表れていて、馬龍は回り込みのフォアを打ちますが、張継科がほとんどが回り込みはしません。

 

馬龍の動画一覧

馬龍選手のようになりたいなら

プロの卓球選手のように強いボールを打ちたいなら正しい基礎を学んでください。

なぜなら、基礎を学ぶことで強力で、回転量があり、スピードのあるボールが打てるようになるからです。指導者から学んだ人と独自で学んだ人には大きな差があります。
それは、”ボールの質”です。指導者に教えてもらえなかった人はボールが軽いんです。

選手として元オリンピック代表、インターハイ三冠王など数々の実績を残し、指導者としても社会人No.1チームの監督を務めたこともある遊澤さんがあなたの力になります。
→ 遊澤亮「脅威の卓球上達法」

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~