強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

台上処理でチャンスを作る

台上処理はチャンスボールを掴むための技術です。 まずは台上処理で試合を決めようと思う事はやめた方がいいでしょう。 台上処理の後は基本姿勢に戻ることを忘れずに!

さて、台上処理でチャンスを作る方法があります。それが、”フェイント”です。それも相手の判断が遅れるほど巧妙なフェイントです。
例えば、ストップとみせかけてフリックをするなどですね。 少し例を挙げたいと思います。

●ツッツキとみせかけてフリックをする。
フリックのときは最初からフリックを打つ構えをするのではなく、ボールの下を打つふり(ツッツキのふり)をして、ボールをラケットにのせて手首を捻るようにフリックします。

●バック側に返球とみせかけてフォア側にツッツキ
バック側に返球するようにラケットをもっていって、そこから手首を曲げてフォア側に返すフェイントです。 フォア側に返し、相手が体勢を崩した場合は、バック側にボールが返ってくる可能性は低くなります。 また、大抵の場合がカーブがかかったドライブになります。ですので、フォア側にカーブのかかったドライブが来ることを予測して待ち構えます。

卓球の台上処理においてフェイントは当たり前です。フェイントを仕掛けて、得点を奪うチャンスをつくることを心がけましょう。 卓球は予測のスポーツなのです。いかに予測し、それが正確であるかが重要です。 そういった面でも戦術や戦略などの戦い方は非常に重要になります。

台上処理でチャンスを作るのまとめ

  1. 台上処理では常にフェイントを仕掛けるようにする
  2. 卓球は予測のスポーツ。フェイントを仕掛けて次の展開を予測する。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~