強くなる卓球の練習方法 - カット打ち コツ
トップ

カット打ちのコツ

カット打ちのコツは苦手な人も知っていると思いますが、おさらいをしましょう。

1.前後左右に揺さぶる

2.ミドルを狙う

この2つがカット打ちのコツといわれている一般的な戦い方です。
カットマンのウィークポイントともいえるところを狙った戦い方です。

しかし、「前後左右に揺さぶる」技術はそう簡単に真似できる技術ではありません。非常に高度なテクニックと正確性が必要となります。

中級者の方にオススメしたいカット打ちの基本はループドライブで粘りつつ変化をつけることです。

この変化とはスピードドライブ、ストップ、ツッツキ、ミドルになります。
ワンコースにループドライブを打って、時折ミドルにループを打つます。

このミドルに打つ時は厳密にミドルを狙う必要は無いのでミスをしないように打ちます。 ミドルにいかなくてもいいやぐらいの感覚で狙います。

そこでカットマンの打ったボールが浮いてきたらスピードドライブやストップをします。

スピードドライブはコースを変えると非常に効果的です。

どういうことかというと例えばバックにループドライブを打っていると、 カットマンはバックカットの準備というものをしています。
準備という意識がなくても頭のどこかでバックカットのイメージをしています。

そんなときに急にフォア側へスピードドライブを打つと反応が遅れてミスを誘えるからです。

もう一つの戦術が浮いたときにストップをする技術です。
カットマンはボールが浮いたら「強打される」という考えから、強打に備える準備をします。 (カットマンの動きをみて判断してください)

そこでストップをされると後ろへ下がる意識から急に前にダッシュをしなければならないため、 たとえボールを返球できても回転の少ないボールしかかえってきません。
それを強打すれば良いのです。

カットマンとの戦いで重要なことは「変化をつける」「相手の動きをみる」の2点です。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~