強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

4球目攻撃の練習方法

卓球ではサーブ権をもった方が有利な事は言うまでもないと思います。
僕の場合、試合ではいかにサーブで2本取るかをまず考えてプレーしています。

もっと細かくいうと、試合終盤でどうやったら2本取れるかを考えて、試合を組み立てていました。
逆にレシーブに回ったときには、2本中1本を取れれば良いという考えです。

そこで有効な練習としてあげられるのが「4球目攻撃」になります。
4球目で大事なことはレシーブです。

レシーブで相手の逆をつく、意表をつく、狙ったコースに打たせる事ができれば、ポイントをあげる確立は格段にアップします。

4球目攻撃を成功させるためには、
・相手の動き(腕、手首、体の向き、ラケット)をしっかりみる
・一瞬の判断でコースを変える技術
・強い回転を生み出すリストの強さ
・コースとボールの質
が重要になってきます。

4球目攻撃は多球練習よりも、システム練習として組み込んで行います。
なぜなら、より実践に近い判断と動きが重要だからです。

システム練習の方法としては、
1.相手にサーブをだしてもらう
2.レシーブ(チャンスをつくる)
3.フリー(体勢を崩させる、狙ったコースに打たせるなど)
4.4球目攻撃

相手がミスばかりするようなら、最初は決まったコースの練習をしてください。
例えば、以下の練習を行なってみましょう。

4球目攻撃 A

1.バックに短い下回転サーブ
2.フォアへストップ(フェイントが出来れば尚良い)
3.バックへストップ
4.バックハンドで台上ドライブ or 回りこんでサイドへプッシュ気味のフリック

4球目攻撃 B

1.バックに短い下回転サーブ
2.バックへツッツキ(台のエンドラインを狙う)(このときにわざとバックへ回りこむふりをする)
3.フォア側へツッツキ
4.大きく踏み込み、狙いすまして強打する

途中でわざとフェイントをいれるなど工夫すると、より実践に近い練習ができます。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~