強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

2種類の飛びつき練習方法

通常の飛びつき(右利き)は、
1右足を小さく動かし腰を回してテイクバックを取る
2左足を大きくフォア側へ踏み込んで(足を交差)打ちます
というのが一般的な飛びつきの方法です。

威力もある分、戻りが遅くなるというデメリットもあります。

そこで、戻りを早くするための「飛びつき」です。
1テイクバックを取る
2右足を蹴ってボールの位置まで移動と同時に打ち込みます

先ほどの飛びつきとの違いは、左足を踏み込まないということです。
この飛ぶつきでは足が交差しないことから、打った後に体が横を向かないので、次の動作にもスムーズに対応できます。

但し、移動範囲が狭くなることからも、比較的ボールまでの距離が近いボールに対してのみ有効な飛びつきとなります。

飛びつきには、この2種類の方法を使って対処するようにしましょう。
ボールまでの距離に応じて2種類の飛びつきを使い分けます。

そのために、課題練習や多球練習でコースの異なる場所に返球をしてもらい練習をします。
この練習では、まずは多球練習で2種類の飛びつきをマスターし、実践的な課題練習で一瞬の判断力を養うようにします。

課題練習の具体的な方法(Aが飛びつきをする側)は、
(A)下回転サーブ
(B)バックへツッツキ
(A)回りこみのフォアハンド(相手のバックへ)
(B)フォアへ返球(コースを使いわける)
(A)2種類の飛びつきを使い分けて打つ
となります。

飛びつき後の動作が遅い人は是非、練習で取り入れてみましょう。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~