強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

攻撃力を高めるための練習方法

今回は体格の差を克服するための方法の一つとして、より「攻撃力を高める」ための練習方法を紹介します。

現代卓球で勝つためには、先に攻撃を仕掛ける、どんな場面でも攻撃的に戦うことが重要です。
これは中国選手のプレーをみていれば分かるかと思います。

攻撃を仕掛けるポイントとして、細かいステップと前へ攻める姿勢は不可欠です。
そこで今回はステップをみにつける練習と通常は守ってしまう場面を想定した練習方法をご紹介します。

練習方法1:細かいステップを身につける方法

ミドルからフォア、ミドルからバックへのフットワーク練習です。
(Aがブロッカー、Bが練習者)

A:ミドルへストレートサーブ
B:バックへフォアハンドドライブ
A:フォア又はバックへブロック
B:フォアのときはフォアハンドドライブ(バックのときはフォアもしくはバックハンドドライブ)

これをランダムにおこなうようにしてください。 細かなステップを身につけることにより、どんなボールに対しても、攻める姿勢を身につけることが出来ます。

練習方法2:ループドライブへの対処

ループドライブに対してブロックをすることは相手にチャンスを与えます。
単純なブロックをするのではなく、フルスイングもしくは軽く押し返す練習をしましょう。
(Aがループ、Bが練習者)

A:バックへ下回転サーブ
B:フォアへツッツキ
A:フォアへループドライブ
B:強打もしくは軽く押し返す

ループドライブを強打するコツは、ボールの頂点を打つこととボールを抑えこみながら打つことです。

練習方法3:中陣からの攻撃

中陣に下がってしまったときの対処で気をつけたいのが、ボールが自分のところにくるまで待ってから打つことです。

この方法では威力のあるボールを打つことは非常に難しくなります。
そこで中陣からの攻撃として、ボールに対してしっかりと踏み込んで打つことが重要になります。
中陣からの練習は二人でやるよりも多球練習を利用しましょう。

1.まず、プレイヤーは中陣に下がります。
2.球出しの人は強いボールをフォアとバックへ1球ずつ出します。
3.ボールに対して前に踏み込んでから打ち返します。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~