強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

最も大切なサーブとは?

私が思う最も大切なサーブとは”下回転サーブ”です。 当たり前すぎてあきれた方もいるかもしれませんが、下回転サーブが最も大切です。 それも台上で2バウンドするかしないか分かりにくく、2バウンドする下回転サーブです。

私の高校時代はこればかり練習してました。YGサーブよりも、強烈な回転のかかった下回転サーブを絶対に2バウンドさせる練習を毎日の朝練でやっていました。 下回転サーブの良い所は2つあります。

1つ目は、2バウンドする下回転サーブの良い所は、トップレベルでも相手に強打される心配がない事です。
大抵はツッツキをしてくるので、自分から攻撃を仕掛けることが出来ます。 卓球において自分から攻撃できるということは最大のチャンスです。 それも大抵の相手は打たれたくないという思いから、バック側にツッツキをしてきます。

サーブ後は、ラケットの角度からツッツキのコースを予測し、フットワークを活かして回り込み or 飛ぶ付きで攻撃です。 下手な横回転やYGサーブは初級から強打されますが、2バウンドする下回転サーブは自分から攻撃できます。

2つ目は下回転サーブ以外のサーブが”活きる”ところにあります。 試合中に一度でも下回転サーブでレシーブミスを奪えれば、相手には強烈な下回転サーブがあるということを意識させることが出来ます。 すると、横回転やナックルサーブ、ストレートサーブでもポイントを奪えるチャンスが広がります。

YGサーブなど魅力的かもしれませんが、まずは下回転サーブをギリギリで2バウンドさせる練習をおこなうことをオススメします。

最も大切なサーブのまとめ

  1. ギリギリで2バウンドさせる下回転サーブをマスターする
  2. 下回転サーブは自分から攻撃できるチャンスを作れる
  3. 強烈な下回転サーブがあれば他のサーブを活かすことができる

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~