強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

レシーブが苦手な人の練習方法

レシーブの苦手克服法は、

  1. 回転の特性を理解すること
  2. 回転を見極める事が出来ること

の2つをマスターすることです。

基本ができていない選手がチキータやフリックをしようとしてもミスをするだけです。

回転の特性を理解する

まずは回転の特性を理解することから始めます。

回転

例えば、右横回転ボールにラケットを当てた時は、
どこに飛んでいくでしょうか?

 
右回転

当然ながら右へ飛んでいきます。

では、左横回転のサーブなら??
左側へ飛んでいきます。

このようにボールの回転を理解すれば、回転を利用してレシーブをすることが出来ます。
この相手の回転を利用する方法は、最も簡単にレシーブをする方法でもあります。

利用

特に横回転系というのは、相手の回転に逆らうことで、ミスすることが多くなります。
ですので、右横回転ならボールの右側面に当てて返します。

コースを狙う場合は、回転量にもよりますが、バック側なら上記のようなラケット角度で返します。
フォア側を狙うならラケットに、更に角度をつければ良いです。
(ボールの真横をこするイメージ)

まずは、このレシーブ方法ができるようになってください。
次に問題なのは下横回転・上横回転がかかるようになった場合です。

その場合も、ラケットの角度で調整します。

  1. 右下横回転なら → ボールの右下
  2. 右上横回転なら → ボールの右上

ミスをしても良いので、ラケットの角度をいろいろと試して下さい。
そういった練習がレシーブの勘を磨きます

これが出来るようになったら、次は回転を読むことです。

回転を見極める練習

回転の見極めのポイントは、インパクトの瞬間をみることです。

バウンドの種類やスイングの軌道にだまされないために、インパクトの瞬間を見逃さないようにしてください。

インパクトの瞬間にみることは「ラケットの角度」と「ラケットにボールが当たる位置」です。
そこから、コースと回転量を予測します。

レシーブが苦手な選手の特徴は、同じミスを繰り返す傾向があります。
これは僕の経験上になるのですが・・・

オーバーミスをした時に、びびってしまって上系サーブに対して、無理やり「ツッツキ」をする選手は特に多いように思います。

ツッツキをすることは悪いことではありません。
しかし、短い上系サーブで、相手の回転量を抑えられないのなら、回転に逆らわずにラケットを被せて返すか、フリックするしかありません。

これがロングボールの上系なら、ドライブで返します。
(右横回転ならカーブドライブで、左横回転ならシュートドライブなら返しやすい)

逆に自分がサーブする方で、相手がびびっているときは、どうすればいいでしょうか??
上回転系を中心にゲームを組み立てれば良いですね。

短い上回転系で攻めつつ、ロングボールに下回転系を使います。

ロングボールに下回転系??
ロングボールは基本的に上回転系です。しかし、なぜ下回転系なのでしょうか??

理由は、びびっている選手は判断が遅れるし、スイングも中途半端になるからです。

この時に注意したいことは、ロングボールに使う下回転系のサーブは、
回転量よりもスピード重視するということです。

ゆっくりとした下回転サーブは相手にドライブを打つ体勢を整える時間を与えます。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~