強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

角度打ちの方法

下回転ボールをドライブで打つと、どうしてもネットに引っかかってしまう場合の対処法は3つあります。

  1. 下回転よりも回転量を上回るドライブを打つ
  2. ツッツキで対処する
  3. 角度打ちで対処する

ツッツキは相手に攻撃の機会を与えてしまいますし、回転量のあるドライブが打てない場合は、角度打ちで対処することも一つの方法です。

具体的な角度打ちの方法は、ドライブのときよりもラケットを上向きにして打つこと。
気をつけるポイントは、前傾姿勢+目線を低くすることと、フォロースルーを通常のドライブのようにスイングすることです。

角度打ち

ボールにラケットが当たる瞬間までは、ほぼ(ボールに対して)平行にスイングします。

 
角度打ち2

インパクト後にラケットを被せて、通常のドライブのようにスイングします。

なぜ、フォロースルーを通常のドライブのようにするかというと、そのまま打つとオーバーミスをしてしまうからです。

気をつけることはボールの頂点を打つことと、ネットから少し浮いたボールにのみ角度打ちをすることです。
ネットぎりぎりのボールに対しては、角度打ちは効果的な方法ではないためボールの見極めが重要になります。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~