強くなる卓球の練習方法 - 動画 戦術
トップ

スイングスピードを簡単にアップさせる方法

ドライブを打つときのスイングスピード。
それはボールの威力に直結するほど重要なことです。

当たり前ですが、、、
スイングスピードが早ければ早いほど、スピードのある回転量の多いドライブが打てます。

スイングスピードが遅いという人は、「速いボールを打とう!」という気持ちばかりが先走って、逆に遅いスイングになっていることがあります。

このスイングスピードが遅くなる原因として最も多いのがスイングのときに”タメ”を作ることです。
イメージしてください。

あなたは短い下回転サーブをだしました。

狙い通りにフォア側へツッツキがきました。

この時の構えをイメージして下さい。
どんな体勢でしたでしょうか?

バックスイングをとった体勢で止まり、待ち構えていませんか?

この止まるという動作がスイングスピードを邪魔しています。
(※厳密にいうと腕が止まってしまう状態です。)

せっかくテイクバックで勢いがついたのに、このバックスイングをとった状態で止まると威力が半減します。
テイクバックをとって、バックスイングをとって、そのままドライブを打つ。

この3つの動作を止めることなくスムーズにおこなうと、スイングスピードが早くなります。
必然的にボールも回転量・スピードのあるボールになるということです。

イメージするのは腕のしなりと流れる動作です。
しなりをイメージするということは、力が入って固くなってはいけません。

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~