強くなる卓球の練習方法 - ルール マナー
トップ

卓球の基本ルール

卓球のルールはここ数年間で大きく変更されてます。グルー(チャック)の使用禁止、38mmボールから40mmボールへ、21点マッチから11点マッチなど数年ぶりに卓球を始める方も、初心者の方もルールを覚えて楽しく卓球をしましょう。

試合における卓球のルール

  1. 1試合は5ゲーム(3ゲーム先取)or7ゲーム(5ゲーム先取)でおこなわれる
  2. 1ゲームは11点先取した方が勝ちだが、2点以上の差がないといけない
  3. サーブは2本交代で、ジュース(10-10)になった場合は1本交代
  4. ゲーム間の休憩時間は1分間
  5. タイムアウト中などの試合中断時は、ラケットを台に置かなければならない
  6. 1試合において1回だけタイムアウトをとることができる(1分以内)
  7. サーブは大抵の場合、「じゃんけん」で先行・後攻を決定
  8. 試合前の練習時間は2分間で、相手のラケット・ラバーをみることができます
  9. フルセットの試合は最終ゲームにどちらかが5点取るとコートチェンジ

サーブにおける卓球のルール

  1. 16cm以上の高さで真上に投げて、台の外からサーブをしなければならない
  2. 体(手・腕・肩など)を使ってボールを隠してはならない
  3. 自分のコートと相手コートに必ず1バウンドしなければならない
  4. ボールの下降中にサーブをしなければならない
  5. ネットに当たって相手コートに入った場合は、リトライとなります
  6. わざと大きな音を立てる事は禁止

その他のルール

  1. グルー(弾む接着剤)の使用は禁止
  2. 団体戦は同じユニフォームを着用
  3. ラバーを両面に貼る場合は同色ではNG
  4. 台にフリーハンドをついてのプレーは相手の得点なる
  5. ダブルスはパートナーと交代で打つ

促進ルールの概要

試合開始から10分以上が経過しても終わらない試合や両選手が合意した場合には促進ルールが適用されます。

但し、両者のポイントの合計が18ポイント以上の場合は適用されない。
促進ルールでは以下の条件でおこなう。

  1. サーブは1回ずつの交代
  2. サーブを含めて13回打球する間に得点できなければレシーブ側の得点
  3. 促進ルールが適用された場合は、残りのゲームは全て促進ルールでおこなう

卓球におけるマナー

卓球でもマナー違反をするとイエローカード、レッドカードがあります。
ほとんど見る機会はありませんが、マナー違反は相手選手だけでなく、学生なら学校のOBやOG、父母会の皆様、観客の皆さんや試合を開催している方にも多大なる迷惑をかけることになります。

マナーは守って、クリーンな卓球をするようにしましょう。
特に注意して欲しいのが大声やガッツポーズです。

自分を鼓舞するガッツポーズや声は大事ですが、相手を挑発するような表現は見ている全ての人が不愉快になります。 以下は主なマナー違反ですので注意してください。

  1. 試合中のベンチからのアドバイス
  2. 相手選手を威嚇、挑発するような大声やガッツポーズ
  3. 間合いをワザと長くすること
  4. ラケットを投げる・台をラケットでワザと叩く

大幅なルール改正

卓球はこの数十年間で大幅なルール改正がおこなわれました。
100年以上も続いた21点マッチから11点マッチへの変更、40mmボールから38mmボールへの変更が大きなルール改正です。

38mmから40mmの変更はラリーを長く続けさせることで観ているファンが楽しめるように、21点から11点マッチへの変更はセット数を増やすことで観ているファンが熱くなれる・興奮する場面を数多く増やすことが目的だと言われています。

1999年に国際卓球連盟の会長に就任したシャララ会長は、卓球の普及・人気のためにテレビというメディアを重視しており、そのためこれらの改正が実施されたと言われています。

例えば、38mmから40mmの2mmの違いはテレビカメラが卓球台に2mも近づく効果があるそうです。
また、11点マッチにすることにより試合時間を短縮でき、かつセット数が多くなったことにより1試合当たりのクライマックスの数を増やすなどのテレビ向けの対策を打ち出したのです。

ルールが分かったら練習しましょう!

ルールがある程度わかったら早速練習してみましょう。

文字でみるだけでは本当の意味で理解したとはいえません。
実際に卓球をやることにより、自然とルールを覚えることができます。

→ 初心者の練習メニュー(卓球を始めたばかりの人)
→ 中級者の練習メニュー(ある程度のラリーが出来る人)

ページの先頭へ戻る

強くなる卓球の練習方法 ~練習は絶対に嘘をつかない!~